--:--:--
--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
15:52:35
11

懐かしいドレス

  黄色いドレス

このドレスを覚えている方、どれくらいいらっしゃるでしょうか。

ものすご~~~~く評判の悪かったドレスなのです。

普通ドレスは何度も着用しますが、これはたった一回だけ。
1998年9月に東京国際フォーラムでコンサートをした時のものです。

あの時はホールいっぱい、1500人のお客様がおいでくださって、コンサートが終わった時、
皆様が本当に長いこと暖かい拍手を送って下さったこと、今でも覚えています。
確かめずらしく2回、アンコールを歌った記憶があります。


舞台も客席も大きい時は、やはりドレスも派手なものでなくては、
と考えかなり気張ってこれをチョイスしました。
確かにそれは間違いではなかったはず……なのですが。

いやー終了後のアンケートでも、その後の知り合いの反応も、評判の悪い事!
派手すぎる、自然音楽らしくないとか色々……。
(もう一枚のブルーは何も言われませんでした)


今この可哀そうなドレスを見ても(時代遅れなデザインはさておき)そこまでひどいとは思いません。
恐らくひどかったのは私の着こなしだったのではないかと。

派手なドレスにはそれに負けないヘアメイクが必要ですが、私ときたらお化粧に慣れてなくてファンデーションすら殆ど塗っていなかった。
髪の毛も梳いてなでつけてピンで止めただけ。

これじゃドレスに着られちゃうよね。
今だったらもう少し着こなせたかも……なんて思ったり。
このドレスを見ているとひたすら頑張っていた20代の自分を思い出します。


しかし今となってはこのデザイン年齢的にイタい。
ファスナーも閉まらない(汗)
森麻季さんや天童よしみさんのようなスタアのオーラがあれば着こなせてしまいそうだけれど、わたしにゃぜったい無理~。

そしてかさばって収納場所も限られている。
おそらく一生着ないだろう。

……というわけで少し前に涙をのんでさよならしたのでした。
思い出をありがとう!!


↓ついでにその時の写真。



黄色いドレス2

何て自虐的。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。