--:--:--
--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
17:45:56
07

雲おじさんの呪い

四月の終わりの頃の事。


おやつに綿菓子を食べようと袋を手に取ると……

わたがし1


真ん中に気持ち悪いものがいる。


わたがし3

可愛らしい子供たちとの対比でよけいに気持ち悪い……。

「誰よこれ! 誰が描いたの!? 綿菓子が不味くなるじゃない!!」

「わたし~」
勿論妹Kでした。

「何この気持ち悪い絵」

「雲おじさん」

雲おじさん……?

わたがし2

くもおじさんわたがし

確かに書いてある……。

あまりの気持ち悪さに記念の写真を撮っていると、
「え? まさかブログに乗せるの? なんだーならもっと気合い入れて描けばよかったな~」

しきりに悔しがっている。
いいよ、もっと気持ち悪くなるだけだから。

雲おじさんの顔が描かれた袋に入っていた綿菓子は、心なしか味が薄くなっていたような気がしました。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。