--:--:--
--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
16:16:55
30

朗読公演「警告詩集Ⅱ アオミサスロキシン」

布団のオレンジ


昨日の朗読公演「警告詩集Ⅱ アオミサスロキシン」はお陰様で満席となり、沢山のお客様がお越し下さいました。
誠にありがとうございます。深くお礼申し上げます。

出演者・スタッフだけでも数十名という大所帯、皆で午後1時に会場に入り、セッティング、位置決め、音合わせ、リハーサルと超スピードで行い、2時30分には開演というスケジュール。各担当者の入念な準備と、打ち合わせ、皆の無駄のない動きで大きなトラブルもなく無事に幕を開けられました。

私は出番まで時間がありましたので本番中は控室と舞台袖でずっと聴いていたのですが、感激で泣いてしまいました。
特に後半に入ってからの高まりがすごく、新しく生まれ変わったピカピカ地球の姿が実際に見えるようでした。


涙が出て困った私は「こりゃいかん歌えなくなる」と我慢したのですが、人間涙を抑えると代わりに鼻水が出てくるようでして(汚い話で申し訳ありません)。
ずっとグスグスティッシュで鼻を抑えていた結果、舞台に立った時にはすっかり顔の下半分のお化粧が無くなっておりました。あちゃー。
まあ遠いからお客様にはお見えにならなかったでしょう。多分。


今回は久しぶりにマイク無しで「鳥の歌」を歌わせて頂きました!
最後は出演者全員で会場の皆様とご一緒に「声のリボンの歌」を歌い、無事公演が終わりました。
皆様本当に、本当にありがとうございました。

カメラ、持っていったのに時間がなくてまた写真が撮れませんでした~。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。